【客が買いたくなる、問い合わせたくなるホームページってどう作れば良いのさ?】

 

いざホームページを作ってみるとしても、客が買いたくなるような問い合わせをしたくなるようなホームページってどんなものかよくわからないって人はいるでしょう。

その状態だったら、
「お客さんに向けて情報発信をしましょう」という言葉に感銘を受けて情報発信をしても、うまくいかない場合が多い。

そりゃそうだ。
客の側から見て欲しくもない情報を発信していても、客は見向きもしてくれない。

【単なる情報発信をしましょうは無責任だ】

情報発信をしましょうという人多くいるが、
今まで情報発信をしたことがない、もしくはうまくいっていない人に本人の考えや判断そのままで情報発信をさせてもうまくはいかない。

何故かというと、うまくいかない考え方のままでは、うまくいかない判断をして、とんちんかんな情報発信をしてしまうからだ。

【じゃあどんな情報発信をしていけば良いのか?】

それは、自分の業界の人ではない素人の人に、どのホームページだったら問い合わせをしたくなるのか、いくつか見せて、
どれが良いのか選んでもらうなんてのは良いだろう。

自分の業界の中の人からすると、良いと思っている表現でも、自分の業界の人ではない素人の人から見たら、専門用語でわからんと言うこともある。
さらに言うと、全然違う思ってもみないようなポイントで、問い合わせをしようかなと言う判断をしていたりする。

 
今までうまくいったことがない考え方や思考パターンでは、また同じうまくいかないことを繰り返すだけだ。

【自分のこだわりは捨てた方が成功です出やすい】

いっそのことを、自分のこだわりなど捨てて、
素人の人の視点で、ホームページを再構築、情報発信のやり方を変えてみる必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です